shinano381’s blog

JR東海ファンにして乗り鉄、撮り鉄、部品収集鉄です。主に、旅行記や鉄道関係の情報発信をしていけたらと思います。よろしくお願いします。

7月17日紀勢本線全通60周年記念乗車亀山‐松阪間


f:id:shinano381:20190719082822j:image

さてリニア鉄道館からあおなみ線金城ふ頭駅へ戻って来ました。朝の、遅延はそれほど上りでは感じませんでした。※ただし下り列車から降りてくる乗客は多数でしたが・・・


f:id:shinano381:20190719083106j:image

金城ふ頭駅12:59発の列車でいざ名古屋駅へ!!


f:id:shinano381:20190719083247j:image

名古屋駅到着後は関西線ホームへ向かうべく

JR改札を抜けて12・13番線へ!!


f:id:shinano381:20190719083508j:image

この快速みえ号用案内板、子供の頃からあり未だ健在で、キハ75系になって今年でめでたく29周年の快速みえ号です。


f:id:shinano381:20190719083813j:image

名古屋駅からは亀山へ向けワンマン快速なる快速に乗車です。

名古屋12:06発2307G

ですが

折返し列車の到着が6分遅れるとの案内があり2307Gになる車両が入線してきたのは12:05分頃・・・・

ただ待つのはそれほどしんどく無さそうです。何故なら周りが列車で溢れており、目の前は新幹線や側線を走る貨物列車に回送列車、後ろには高山線へ向かう特急ひだ9号が停車しており退屈しませんでした。


f:id:shinano381:20190719084749j:image


f:id:shinano381:20190719084807j:image


f:id:shinano381:20190719084831j:image


f:id:shinano381:20190719084849j:image

ようやく、折返しの車両が入線しました。


f:id:shinano381:20190719084936j:image

編成はB504編成、乗車形式は、クモハ313‐1312です。四日市まで快速運転で四日市‐亀山間は各駅に停まりました。


f:id:shinano381:20190719085316j:image

亀山では数分の接続で関西線から紀勢線へと乗り換えるべく跨線橋を渡り鳥羽行きワンマン普通列車へと乗りかえました。


f:id:shinano381:20190719085341j:image

未明の豪雨が嘘のように快晴となり日差しが照りつける午後、乗車列車はキハ25‐1612、M112編成です。

本日は、一身田駅は全部の扉が開くとの肉声放送があり、到着すると近くにある高校生の学生さんが学校帰りなのか乗車され車内は騒がしくなりましたが、津、阿漕駅を過ぎるとさっきの騒々しい車内は一変し普段のローカル線へと元通りになりました。

松阪に到着し後続の、特急南紀5号3005Dに道を譲るべく側線に入り待機してるキハ25系をよそに特急南紀5号が到着しました。自由席は松阪から乗車される方が多く、紀州路への足が高速バスと特急南紀号の二択しかないのがネックとなってるようです。


f:id:shinano381:20190719090942j:image

本日は、キハ85‐1111が先頭車両を務めています。
f:id:shinano381:20190719091059j:image


f:id:shinano381:20190719091116j:image

特急南紀5号を見送り、改札を出ます。


f:id:shinano381:20190719091226j:image

松阪駅にも跨線橋があり紀勢本線は、今では少なくなった跨線橋が割かし多く残存してるようです。


f:id:shinano381:20190719091401j:image


f:id:shinano381:20190719091433j:image


f:id:shinano381:20190719091501j:image

跨線橋内の通路壁には名松線への乗車促進を促すポスターが掲示されてたり案内板が国鉄な感じがノスタルジックです。


f:id:shinano381:20190719091834j:image

駅弁のあら竹さんの駅構内販売店前には紀勢本線60周年を祝う手作り感あふれる掲示がされていました。

駅弁のあら竹さんで、本日は、こちらの3種類を購入。お土産にしました。


f:id:shinano381:20190719092202j:image

今では、JR以外の販売元がやってる駅弁屋さんも数を減らし、東海三県内だと名古屋駅の松浦さんや朝日ダルマさん、豊橋駅の壺屋さん、岐阜県高山駅の金亀館さんと数える程度に業者さんも減ってしまいました。

ちなみに、このあら竹さんで販売されてる駅弁は鉄道愛好家向けの掛け紙が施されてる商品もあり昔、乗車した懐かしい車両の駅弁を購入出来ます。

本日は、キハ82形特急南紀号とキハ58・65系5000番台車の柄を選びました。


f:id:shinano381:20190719093611j:image


f:id:shinano381:20190719093633j:image

駅弁を受け渡され、再び改札に入り上り特急南紀6号3006Dを待ちます。


f:id:shinano381:20190719093811j:image

時間が流れてるのが遅く感じる松阪駅ディーゼル音があちらこちらから聴こえ退屈しませんね。名松線キハ11系300番台の3番目の車両やキハ75系快速みえ号を眺めていたら


f:id:shinano381:20190719094155j:image

来ました。特急南紀6号、先頭車両は動物避けバンパー付きのキハ85‐8が名古屋方、先頭車両を務めます。
f:id:shinano381:20190719095018j:image

動画を撮影してたので過去に撮影したバンパー付き編成を・・・・


f:id:shinano381:20190719095222j:image
f:id:shinano381:20190719095237j:image
f:id:shinano381:20190719095303j:image
本日は、キロハ84‐5に乗車しました。

シートピッチ116cmとキロ85の125cmには及びませんが座席のフカフカ感はキロハの方が個人的には好きです。


f:id:shinano381:20190719095943j:image

鈴鹿駅の辺りは田園地帯で青々としていて夏らしい風景が車窓に広がります。


f:id:shinano381:20190719100146j:image


f:id:shinano381:20190719100210j:image

伊勢鉄道を120キロのフルスピードで駆け抜け南四日市駅付近にさしかかればコンビナートが見え、程なくして四日市駅です。


f:id:shinano381:20190719100416j:image

四日市を出ると桑名まで停まりませんがキハ85系に置き換わった際は特急南紀号の一部は桑名駅も通過していましたが乗客減少で採算が合わなくなったのか今では、桑名にも停車します。


f:id:shinano381:20190719100702j:image

木曽川橋梁を渡れば名古屋駅まではあと少しです。


f:id:shinano381:20190719100834j:image

JR東海の名古屋工場を右手に見て左手には近鉄黄金駅やJR東海の名古屋車両区を見たら大きく左へカーブし名古屋駅到着です。


f:id:shinano381:20190719101114j:image


f:id:shinano381:20190719101127j:image

本日の紀伊勝浦方はキハ85‐1108が務めました。


f:id:shinano381:20190719101216j:image

名古屋到着後は中央西線に乗車し帰路に着きました。

次回は、前回、MV35の旅の際に購入した青春18きっぷで博多への旅をしたいと思います。御期待下さい。

7月17日リニア・鉄道館N700系XO編成公開初日


f:id:shinano381:20190717182332j:image

さて、偶然、仕事が休みでしたので、かれこれなん十回以上訪れたリニア・鉄道館へやって来ました。今回は、今夏の目玉企画のN700系新幹線の量産先行車両として平成17年(05年)3月JR東海、東京第一車両所に配置された編成で、その内の1号車783‐9001+14号車786‐9201+8号775‐9001が本日より一般公開とあって記録程度に参りました。


f:id:shinano381:20190717185633j:image

開館50分前に、あおなみ線金城ふ頭駅に到着しました。未明の豪雨の影響でJRは東海道線や関西線の点検などで運休や遅れが始発から発生し、あおなみ線に至っては7:40頃まで運転見合せと朝から大変でしたが満員のあおなみ線に揺られなんとか間に合いました。


f:id:shinano381:20190717190035j:image

開館前ですが2組程、ウェイティングができておりましたが気にせずN700を撮りに裏手へ向かいました。


f:id:shinano381:20190717190241j:image


f:id:shinano381:20190717190336j:image


f:id:shinano381:20190717190357j:image


f:id:shinano381:20190717190419j:image


f:id:shinano381:20190717190447j:image


f:id:shinano381:20190717190520j:image

後ろに回ると普段は幌で見えない製造板などが見えますが盗難防止なのかシールで誤魔化されてました。笑


f:id:shinano381:20190717190743j:image


f:id:shinano381:20190717190758j:image


f:id:shinano381:20190717190829j:image

開館時間が迫ってましたので私も、列に並びました。開館時間より少し早く入場券は購入出来ましたが、館内の入口で10:00になるのを待ちます。開館後、目的のN700ダッシュを決め2番目に新設されたN700系の車内へ・・・


f:id:shinano381:20190717191401j:image

普通車、柄がやたら濃くほぼ新品同様な為、モケットが色褪せてない印象でした。


f:id:shinano381:20190717191557j:image


f:id:shinano381:20190717191617j:image

こちらはグリーン車、博多や東京へ向かう際はいつも御世話になってる座席です。


f:id:shinano381:20190717191807j:image

座ろうと思い、床をみるとエアコンの配管があり、驚きました。


f:id:shinano381:20190717191921j:image

なかなか新幹線のグリーン車内に家庭用エアコンはシュールすぎて驚きの発見ばかりで楽しいです。


f:id:shinano381:20190717192049j:image

個人が製作した新幹線好きの部屋の一角みたいです。笑


f:id:shinano381:20190717192205j:image


f:id:shinano381:20190717192220j:image


f:id:shinano381:20190717192242j:image

いたるとこに注意書きが・・・


f:id:shinano381:20190717192332j:image

車内の仕切りは手動だといがいと重く大変でした・・・

外に出ると、本日は、日差しが照りつけジメジメと蒸し暑くて車内や館内が涼しすぎだるくなりました。


f:id:shinano381:20190717192638j:image


f:id:shinano381:20190717192656j:image


f:id:shinano381:20190717192712j:image

人がいないとCMのような撮りかたも出来ますね。

その後は、館内へ移動し117系キハ82形やキハ181系を観察しました。


f:id:shinano381:20190717192933j:image


f:id:shinano381:20190717193002j:image

117系も屋内展示に変更になり塗り直されてました。


f:id:shinano381:20190717193116j:image

165系はHMが伊那路号から東海号へ変更されてました。


f:id:shinano381:20190717193232j:image

キハ80系キハ82形はHMがひだ

号から南紀号に変更され紀勢線全通60周年を祝ってるようでした。


f:id:shinano381:20190717193416j:image

このキハ82‐73ですが前面の車番の文字の色が赤文字で、現役当時は、白文字で違和感がありました。


f:id:shinano381:20190717193930j:image

キハ181系は、相変わらずの渋さでした。笑


f:id:shinano381:20190717194024j:image

さりげなく気になったのがこちらの客車


f:id:shinano381:20190717194119j:image


f:id:shinano381:20190717194136j:image

今は、JR東日本の土崎工場での所属とあって興味深いです。


f:id:shinano381:20190717194346j:image

子供の頃、鉄道好きじゃなくても遊んだことのあるプラレールが60年とあってコラボしてました。

約1時間ちょいいましたが十分楽しめました。この後、紀勢本線全通60周年を記念して亀山‐松阪間を記念乗車してきましたが、また次回記録したいと思います。


f:id:shinano381:20190717182332j:image

7月9日JR東海管内MV35顧客操作型端末機巡り東海道線編

さて中央西線編からの続きです。

金山駅にて下り方面の東海道線に乗車する為、通路を進むのだがラッシュ時間真っ只中の7時50分頃、学生時代以来のこの時間に金山駅にいるとあってか思うように進まなかったがようやく東海道線ホームまでやって来た、7時54発快速2503Fにて尾張一宮駅へと向かう。


f:id:shinano381:20190710052948j:image


f:id:shinano381:20190710053010j:image

尾張一宮駅は、今月開催される七夕祭りの影響で飾りが駅構内に施されていた。

MV35型端末機も印字良好でした。


f:id:shinano381:20190710053243j:image


f:id:shinano381:20190710053321j:image


f:id:shinano381:20190710053345j:image

尾張一宮駅からは8:29発普通103Fにて岐阜駅へ向かいます。


f:id:shinano381:20190710053500j:image

岐阜駅は県庁所在地でもある為、ターミナル感があり、数々の路線が乗り入れています。


f:id:shinano381:20190710053801j:image

岐阜駅のMV35も印字良好でした。


f:id:shinano381:20190710053923j:image


f:id:shinano381:20190710054037j:image

岐阜駅を後に、8:54発特別快速2109Fにて

大垣へ向かいます。

大垣駅は前日に使用停止の情報がネット内に流れましたが稼働していました。


f:id:shinano381:20190710054429j:image


f:id:shinano381:20190710054452j:image


f:id:shinano381:20190710054514j:image

大垣駅は、最近ではあまり見掛けなくなった昔ながらの窓口でした。

国鉄の雰囲気が・・・

折り返し東海道線上り、大垣9:26発快速で大府まで向かいます。


f:id:shinano381:20190710055246j:image

車内はラッシュも終わり、閑散としていました。
f:id:shinano381:20190710055353j:image

大府駅武豊線の乗り換え駅です。数年前に電化され輸送体型が変わり増発されてます。


f:id:shinano381:20190710055716j:image



f:id:shinano381:20190710055805j:image


f:id:shinano381:20190710055828j:image

大府10:31発新快速2320Fに乗車しようと思ったら名駅にて抑止があったとの事で数分遅れてるとの放送が・・・・


f:id:shinano381:20190710060205j:image

とりあえず先に来た普通に乗り刈谷駅へ向かいます。

刈谷駅は残念ながら本日、MV50顧客操作型端末機に置き換えるようで御覧のありさま、


f:id:shinano381:20190710060423j:image

気をとりなおし10:52発快速2514Fにて豊橋


f:id:shinano381:20190710060552j:image

途中、岡崎駅付近の田んぼには青々とした稲になる葉が印象的で夏らしさが車窓いっぱいに広がっていました。


f:id:shinano381:20190710060840j:image


f:id:shinano381:20190710060854j:image

岡崎駅を過ぎると進行方向右側に海が広がりはじめます。ここいら一帯は三河湾と呼ばれ、愛知県内の漁業の一代拠点となってます。


f:id:shinano381:20190710061240j:image


f:id:shinano381:20190710061301j:image

豊橋に到着しました。

乗車してきた形式は番号が同じで面白いですね。


f:id:shinano381:20190710061436j:image

この辺で昼食用の駅弁を購入しておこうと思い、壺屋弁当店へ


f:id:shinano381:20190710061624j:image

吉田伝説という豊橋駅と名のつく前の駅名の駅弁を購入しました。


f:id:shinano381:20190710061952j:image

三島までは新幹線で向かいます。

三島駅に到着しました。


f:id:shinano381:20190710062045j:image

三島駅も静岡支社ではありますが東海鉄道事業部管内との事でMV35が設置されてます。


f:id:shinano381:20190710062227j:image


f:id:shinano381:20190710062240j:image

三島駅では東京から伊豆・伊東方面へと直通の特急踊り子号が定期列車として運用しています。偶然、時間がありましたので見物しました。


f:id:shinano381:20190710062543j:image


f:id:shinano381:20190710062558j:image


f:id:shinano381:20190710062635j:image

さて、東海道線下りに再び乗車します。三島からは13:47発普通439Mで沼津駅へ向かいます。


f:id:shinano381:20190710062907j:image


f:id:shinano381:20190710062934j:image

MV35の印字が、今までの中で一番良い感じでした。


f:id:shinano381:20190710063056j:image


f:id:shinano381:20190710063117j:image

沼津 14:15発普通441Mにて清水へ向かいます。


f:id:shinano381:20190710063257j:image


f:id:shinano381:20190710063313j:image

清水駅は、言わずと知れた某国民的アニメの舞台で駅構内には記念撮影用のボードもありました。駅窓口は、静岡駅が近い事もあり窓口で並ぶ方も多数おりMV35も一役かってるようです。


f:id:shinano381:20190710063711j:image

清水駅からは普通145Mにて東静岡駅に向かいます。乗車したのは211系の5000番台ですが静岡の5000番台は普段、乗車してる中央西線の5000番台とは車内の座席の固さが若干固い気がしました。


f:id:shinano381:20190710064036j:image

東静岡駅は在来線の静岡運転所付近にありホームからも見えます。駅舎の構造は静岡支社管内共通なのか清水駅と同じような造りでした。MV35は稼働してましたがあまり使用されてない感じでした。


f:id:shinano381:20190710064426j:image


f:id:shinano381:20190710064452j:image

東静岡15:32発普通443Mで焼津駅へ向かいます。

始発から乗車してきたからか疲れでうとうとし車内放送の『まもなく焼津~焼津~!!御出口は右側です』の放送で飛び起き下車しました。焼津駅はマグロの港として有名ですが駅も大垣駅の窓口同様で昔ながらの窓口でした。


f:id:shinano381:20190710065021j:image


f:id:shinano381:20190710065038j:image


f:id:shinano381:20190710065056j:image

焼津駅からは16:14発普通445Mにて浜松まで抜けました。


f:id:shinano381:20190710065259j:image

浜松からは豊橋へ向け乗り換え

浜松17:24発普通821Mにて


f:id:shinano381:20190710065356j:image

更に豊橋からは、豊橋18:14発特別快速2127Fにて名古屋へ向け乗車しました

東海道線最後の乗車は313系のY5編成クモハ313‐5に乗車しました。


f:id:shinano381:20190710065845j:image


f:id:shinano381:20190710065858j:image

ラッシュ時間と重なりましたがまだ早い時間帯なのでそれほど混んではいませんでした。


f:id:shinano381:20190710070031j:image

無事、名古屋駅6番に入線した2127F特別快速

中央西線へ乗り換えの為、7・8番ホームへ上がると、特急ひだ18号で使用した編成が出迎えてくれました。笑


f:id:shinano381:20190710070301j:image

隣の8番からの普通175M高蔵寺行きにて帰宅しました。


f:id:shinano381:20190710070359j:image

今回は、MV35という普段、端末を気にして購入していないので良い機会であったと思います。学生時代以来の青春18きっぷも購入しましたので今夏は、九州方面へ18きっぷで旅をしようと思います。ではまた・・・・御期待下さい。

7月9日JR東海管内MV35顧客操作型端末機巡り中央西線編


f:id:shinano381:20190710050125j:image
唐突に、決めた今回の旅であるが、MV35端末とは?従来の30型などより印字が鮮明で尚且つ途中下車印などものりがよくなったのが特徴である。最近は最新型のMV50顧客操作型端末機が主流となりつつある。50型はQRコード読取り機能もありJR各社によって扱いは違うが更に便利な端末である。50型の普及により35型端末が順次置き換えられていく最中、奇跡的にも東海管内は残存し稼働してる台がまだあるようでこの機会を逃すとMV50型に転換完了してしまうと思い、旅に出ました。

では、いざ出発です。

最寄り駅の中央西線高蔵寺駅もMV35型設置駅、過去にも何度もこのMV35型端末から購入しましたが7月から遅くても9月までには置き換えとの事です。



f:id:shinano381:20190710041252j:image


f:id:shinano381:20190710041412j:image


f:id:shinano381:20190710041517j:image


f:id:shinano381:20190710041540j:image

中央西線下り始発列車の松本行き普通1825M

にて多治見駅へ向かいます。この時間、上りの始発から3番目辺りまでは空港へ向かう方が多く混みますが下りはそれほど混まないのでゆったり乗車できます。


f:id:shinano381:20190710042046j:image


f:id:shinano381:20190710042119j:image

無事、購入し中央西線上り普通700M多治見6:15発に乗車し春日井駅へ向かいます。

春日井駅は数年前に駅舎が新しくなり、今の多治見駅の駅舎風に変わりました。


f:id:shinano381:20190710042533j:image


f:id:shinano381:20190710042557j:image


f:id:shinano381:20190710042637j:image

残念ながら春日井駅のMV35型は印字がかすれがあり少し見えにくいです。

気をとりなおして6:43発普通106Mにて大曽根駅へ向かいます。

大曽根駅は、朝のラッシュ時間中ともあって窓口はそこそこ並んでるものの新幹線の特急券なども購入できるMV35型端末機には誰も見向きもしないのは驚きました。


f:id:shinano381:20190710043451j:image



f:id:shinano381:20190710043557j:image

次は、大曽根7:07発普通606Mで特急しなの号も停車する千種駅へ向かいます。

千種駅は殆どの方が地下鉄東山線に乗り換えるので地下改札はラッシュ時間問わず混みますが、地上改札はラッシュ時間でも意外と閑散としています。



f:id:shinano381:20190710043512j:image


f:id:shinano381:20190710044150j:image

印字も良好でした。

千種7:26発普通702Mにて鶴舞駅へ向かいます。

鶴舞駅も地下鉄乗り換え駅で地下鉄鶴舞線が接続し豊田・平針方面や大須上小田井方面へ向かう際に利用します。勿論、ラッシュ時間は激混みで千種駅とは違い地下鉄の乗り換え通路はJRの駅舎を出ないといけないのでこの駅は人の波にのまれて改札を出た方が良いです。

そんなわけでそこそこ揉みくちゃにされ窓口横にあるMV35端末機械へ向かいました。


f:id:shinano381:20190710045347j:image


f:id:shinano381:20190710044022j:image

鶴舞駅からは7:42発普通610Mにて東海道線下りに乗り換えるので金山駅へ向かいます。

今回は、ここまで・・・・次回は東海道線編を予定してます。

 

7月1日我が家の鉄道部品コレクション2

皆さん、今日から7月ですね。残念ながら連日、雨ですが気を落とさず乗りきりましょう!!・・・・・・というわけで今回は2回目の鉄道部品コレクション!!


f:id:shinano381:20190701092825j:image

近鉄特急21000系のオリジナル編成、DXカー座席とE3系新幹線車両の普通車の座席💺


f:id:shinano381:20190701093052j:image

近鉄26000系さくらライナーの普通車の座席💺

今も、近鉄特急は好きでよく乗車しますが昔は今より熱狂してました。笑


f:id:shinano381:20190701093420j:image

近鉄21000系8番目の編成の行き先表示機指令機、なかなか出回らないのですがヤフオクにてゲットしました。ちなみにバックに写ってるシートはオリジナル編成のモケットです。


f:id:shinano381:20190701094205j:image

2016年5月26~27日に行われた伊勢志摩サミット開催期間中、賢島駅に入れない為の案内として先頭車両の前面窓に吸盤で貼り付けられた行き先表示です。左には近鉄18405形の車内放送装置です。勿論、車内チャイム用オルゴールは稼働します。

本日は、ここまでにしておきますか・・・

最後まで御覧頂きありがとうございます。

宜しければ又の、閲覧御待ちしてます。



 

6月27日、我が家の鉄道部品コレクション1

さて、皆さん、自己紹介にもありましたとおり鉄道部品もコレクションしており本日は、一部ではありますが御紹介したいと思います。

まずは、玄関先を・・・・


f:id:shinano381:20190627065442j:image

JR東海の新幹線50周年ポスター掲示と周りには列車愛称名が記載された本物のサボを配置。(※サボとは国鉄からJR初期辺りまで車両の出入り口に差込み式で行先や列車愛称を掲示し誤乗車を防ぐ為の板)


f:id:shinano381:20190627065729j:image

こちらには近鉄の行き先幕をラミネートした物を掲示してあります。


f:id:shinano381:20190627070721j:image

靴箱の上には165系電車の前面行き先表示機と新幹線などのNゲージを配置。


f:id:shinano381:20190627071108j:image

リビングの一部を・・・・・

北陸・信州エリアを走る特急列車の乗車位置案内板や新幹線の車両の形をしたクッションがあります・・・


f:id:shinano381:20190627071419j:image

ソファーには500系・700系・N700系の普通車の座席生地を使った座布団を配置し壁には駅弁のパッケージが分かる蓋や車両の形式のプラ板を飾っています。

本日は、この辺りまでにしておきましょう・・・次回は、また別な部屋を御見せできればと思います。

ではまたお会いしましょう(  ̄▽ ̄)

6月18日飯田線・湯谷温泉駅駅舎拝見

f:id:shinano381:20190625173942j:plain
湯谷温泉駅の駅舎が2019・7月頃解体される!!
との情報があり、思いつきで飯田線へぶらり乗車してきました。最寄りの高蔵寺駅を100M普通で名古屋駅まで、f:id:shinano381:20190625174738j:plain
名古屋駅からは東海道線上りの511M普通にて豊橋まで乗車しました。
f:id:shinano381:20190625174902j:plain
豊橋7:07着、飯田線511M普通天竜峡行きは豊橋8:11発でまだ時間がある為、朝のラッシュ真っ最中の構内を歩き改札内にあるカフェ内に併設のラーメン屋・豊来軒さんへ濃厚な鶏出汁で朝から活力を貰い、511Mへ乗車しました。f:id:shinano381:20190625175812j:plain
学生が大半を占めており新城駅辺りまで通学ラッシュでしたがこの駅を境に車内は閑散としてしまいました。
そして気がつけば湯谷温泉駅に9:35分到着で私以外にも6人程下車しました。温泉街の玄関口ですが駅舎がひなびた駅舎で郷愁を感じる木造駅舎ですが残念ながら現在はお土産などを売る売店は閉鎖されておりシャッターが下りてます。f:id:shinano381:20190625180738j:plain
f:id:shinano381:20190625180823j:plain
記録を撮った後は唯一の特急伊那路1号21Mに乗車し飯田へ向かいます。f:id:shinano381:20190625181043j:plain
373系F10編成に乗車しました。車内は団体のツアーの乗車が天竜峡駅まであり久しぶりに乗車したとはいえ平日で指定は半分埋まりました。
飯田駅からは名鉄バスの中央道高速バス超特急名鉄バスセンター行きに乗車f:id:shinano381:20190625182156j:plain
f:id:shinano381:20190625182407j:plain
飯田13:34発名鉄バスセンター15:35着のダイヤでしたが道路状況で4分延着でした。飯田駅から対名古屋エリアは列車より高速バスにシフトチェンジしてるようです。
f:id:shinano381:20190625182753j:plain